交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脛骨天蓋骨折(けいこつてんがいこっせつ)

脛骨天蓋骨折とは、脛骨(膝から足首の間を走る骨)の下端の関節面(足首に近い方)が粉砕し、骨片が陥没した状態をいいます。 高い所から飛び降りて、足から着地したときなどに生じることが多い骨折です。

骨のズレを放っておくと、そのまま骨がかたまってしまい、変形性足関節症(間接に繰り返し負担がかかることにより、軟骨が摩耗したり骨が変形してしまうもの)を生じるおそれがあります。

足首が痛んだり、歩きにくさや座りにくさを感じる症状が長引く場合いは、変形性足関節症の疑いがありますので、整形外科のお医者さんに診てもらいましょう。

足首の痛みが残った場合は、12級13号に認定される場合があります。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

下肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP