交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ)

椎間板は、椎体と椎体の間に存在するクッション材のようなものです。椎間板は中心部にゼラチン状の髄核があり、その周囲をコラーゲンを多く含む線維輪が覆っています。この線維輪が断裂し、中にあった髄核が外に飛び出した状態を、椎間板ヘルニアと言います。

線維輪が断裂する原因としては、加齢や、交通事故やスポーツなどで強い力が加わることなどがあります。

椎間板ヘルニアになると、飛び出した髄核が神経を押し、痛みやしびれが生じます。腰で起きた場合は腰椎椎間板ヘルニア、首で起きた場合は頚椎椎間板ヘルニアといいます。

保存療法が原則的ですが、排尿障害がある場合などは手術とされています。また、激しく痛んだり症状が3カ月以上続くなどの場合は手術が考慮されます。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP