交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)

頚椎椎間板ヘルニアは、首に発生する椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアとは簡単に言うと、首や腰の骨の間にある椎間板(クッションのようなもの)の中心部にある髄核がつぶれてはみ出した状態です。こうなるとはみ出した髄核が神経根を刺激し、しびれや痛みが生じるのです。

背骨の上から7つを頚椎と呼び、上からC1、C2と呼びます。頚椎の中で最もヘルニアを発生しやすいのがC5とC6の間(C5/6)の椎間板です。

ヘルニアの発生場所は、MRIやCT、脊髄造影検査などで知ることができます。ヘルニアの発生場所により、障害を受ける部位が異なります。

ヘルニアの
発生場所

障害を
受ける
神経根

知覚障害の
発生場所

筋力低下

腱反射

C4/5

C5

上腕外側

三角筋、
上腕二頭筋

上腕二頭筋
反射低下

C5/6

C6

前腕外側~1、2指

上腕二頭筋

腕橈骨筋
反射低下

C6/7

C7

(2)3指

上腕三頭筋

上腕三頭筋
反射低下

C7/T1

C8

前腕内側~4、5指

手指固有筋

 

 

頚椎ヘルニアでよく行われるテストのひとつに、スパーリングテストがあります。スパーリングテストは、頭を痛む方に傾けて後ろに引いて下方に圧迫し、肩から上肢にかけてしびれや放散するような痛みを感じたら、頚椎ヘルニアであると判断します。

重症例では手術が行われますが、軽症の場合は薬物や装具を用いたり、牽引療法などが一般的です。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP