交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)

腰椎椎間板ヘルニアは、腰に発生する椎間板ヘルニアです。
椎間板ヘルニアとは、簡単に言うと、首や腰の骨の間にある椎間板(クッションのようなもの)の中心部にある髄核がつぶれてはみ出した状態です。
こうなると、はみ出した髄核が神経根を刺激し、しびれや痛み筋力の低下などが生じるのです。

椎間板ヘルニアを起こす原因としては、加齢によるものや、背骨に予想以上の力がかかった場合などが考えられます。椎間板は、20歳をすぎた頃から次第に衰えてきます。デスクワークや軽作業、主婦、学生など様々な職種の方にみられます。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

腰椎は、背骨の下の方(腰)にある5つの椎骨(小さい骨)で形成されます。他に、首には頚椎、背中には胸椎、腰より下(尻)には仙椎があります。椎間板ヘルニアの発生は頚椎と腰椎に集中しています。

腰椎は上からL1、L2、…L5と呼びます。腰椎椎間板ヘルニアの発生しやすい場所として、L4とL5の間(L4/5)、その次にL5とS1(仙椎の一番上の椎骨)の間(L5/S1)が挙げられます。

腰椎椎間板ヘルニアが発生した場合、ヘルニアの起こった椎間板自体ではなく、その一つ下の椎間板に関る神経根に刺激が与えられやすくなります。どの神経根に刺激が与えられるかによって、症状の出る部位が異なります。

ヘルニアの発生場所やどの程度神経根を刺激しているかについては、MRI等の検査によって判明します。

ヘルニアの

発生場所

障害を受ける

神経根

知覚障害の

発生場所

筋力低下

腱反射

L3/4

L4

下腱内側

足背屈

膝蓋腱反射

の減弱

L4/5

L5

下腱外側~

足背内側

足趾背屈

正常

L5/S1

S1

足外側~

足底

足底屈

アキレス腱反射

の減弱

 

※ 腰椎椎間板ヘルニアではないかと疑う場合には、ラセーグテストが行われます。仰向けで寝転び、膝を伸ばした状態で、足を上げます。このとき、お尻から足の裏側に痛みが起こらないかを確かめます。

ヘルニアにより神経根に刺激が与えられていると、坐骨神経痛が発生するので下肢に痛みが走り、足が途中で上がらなくなってしまうのです。

治療は、保存的治療と手術ですが、手術となるのは約5%程度と言われています。

一時的なものであれば、安静にしたり鎮痛薬によって治療します。慢性的な場合は、牽引療法やコルセットによる腰部の固定、運動療法やリハビリ等による治療が行われます。

コルセットは、痛みが強いときだけにつけるようにします。付けっぱなしにすると、腹筋が低下するのでコルセットに頼り過ぎないようにします。

天気のよい日に戸外でウォーキングなどすると気分転換にもなり、筋肉も強くなります。水中歩行やストレッチ、筋トレも効果的です。無理なく自分のペースで行うことが大事です。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

腰椎椎間板ヘルニアにより12級13号

腰椎椎間板ヘルニアにより14級9号

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP