交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

骨盤骨折(こつばんこっせつ)

骨盤は、恥骨、坐骨、腸骨、仙骨により構成されています。

交通事故や転落事故により大きな力が加わると骨盤を骨折してしまうことがあります。

骨盤の周辺には大きな動脈があるため、大きな動脈が傷つけられてしまうと大量出血を伴いショック状態になることもあります。この場合はまず止血を優先し、血が止まればひとまずショック状態からは立ち直るので、その後骨折の治療を行います。

骨盤の変形の後遺症が残れば、12級5号に認定されます。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP