交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

肘関節脱臼(ちゅうかんせつだっきゅう)

肘関節の脱臼は、交通事故やスポーツなどで転んで地面に手をついたときなどに生じることがあります。症状としては、肘が腫れて痛み、動かせなくなります。

骨折を合併していることもあり、また脱臼と骨折の判断がレントゲンを撮らないとはっきりしないこともあるので、ためらわずすぐに医師に診てもらいましょう。治療としては徒手整復を行います。整復がうまくいかない時や、骨折をともなう時は手術をします。

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

関節とは

肘関節は、3つの骨(上腕骨と尺骨、橈骨)からなる関節です。転んで手をついたりした際に、上腕骨内側の滑車と尺骨の肘頭が衝撃によりはずれることがあり、これが肘関節脱臼となります。

肘関節脱臼の患者さんのうち、ほとんどの人が後方脱臼です。脱臼をすると肘関節を動かすことができなくなります。

また、子どもがうんていなどの遊具から落ちたりしたときに、肘をまっすぐ伸ばした状態で手をついてしまうと、上腕骨顆上骨折が生じることがあります。

肘関節脱臼の症状など

肘関節脱臼は、特にバイク事故で転倒して手を地面についてしまった時に多く発生します。

肘の痛みや変形が生じ、肘を動かすことができなくなります。

整復を行った後、1~3週間はギプス固定を行い、その後リハビリテーションを開始します。

多くは後方脱臼といって、肘の後ろ側に尺骨が飛び出します。またまれに前方脱臼となることもありますが、この場合は肘頭骨折も併せて起こすことがほとんどです。

骨折や靭帯損傷を合併し可動域制限等が残った場合は後遺障害12級6号が認められる可能性があります。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

宮本麻由美社労士

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

↑ PAGE TOP