交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

正中神経麻痺(せいちゅうしんけいまひ)

正中神経は、腕の内側にある神経です。手首を骨折したりしたときに、正中神経が麻痺してしまうことがあります。

症状は、どこを麻痺したかにより異なります。

肘より下の麻痺の場合は、母指球筋(手のひらの親指の根元のふくらんでいる部分にある筋肉)が動かしにくくなります。また、親指と薬指の感覚が鈍くなります。

肘より上の麻痺の場合は、母指球筋の麻痺に加え、親指と中指が曲げにくくなったり、腕が回しにくくなります。

その他、麻痺の程度によっては周りの筋に影響を及ぼすこともあります。

骨折などの外傷による麻痺の場合は手術を行います。

原因が外傷ではなく、はっきりしない場合や麻痺が軽いものについては、保存療法となります。

正中神経麻痺がひどい場合は、10級、12級に認定されることがあります。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP