交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

尺骨神経麻痺

尺骨神経は、小指と薬指の小指側半分を支配しており、手首・小指・薬指を曲げたり指をくっつけたり開いたりする運動を支配しています。

骨折等の外傷を負ったり腫瘍の発生等により尺骨神経が麻痺することがあり、尺骨神経が麻痺すると、小指・薬指がしびれたり、鉤爪変形(鷲手変形)を生じます。

これは、小指と薬指がまっすぐ伸びず、動物のもつ鉤爪のように見えることから名づけられた症状です。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP