交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊柱管狭窄症

脊柱管は、脊髄を守る管のような空間で、脊椎に存在しています。この脊柱管が何らかの原因によって狭くなると、神経が押されて痛みやしびれなどの神経症状が現れます。

先天性と後天性があり、中年以降に発症することが多い病気です。

後天性の場合は、椎間板ヘルニアなどによる合併狭窄など外症によるものや、成長過程で脊柱管に十分な広さができなかったものなどがあります。加齢による変性も原因となることがあります。

症状として特徴的なのが、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれるものです。歩き始めは痛みもなく歩けますが、だんだん足がしびれたり痛くなってきて歩けなくなります。座って休めば症状が消え、また歩けるようになるというのが特徴です。

また、体を前かがみにすると、神経が押される力の軽減につながり、痛みが和らぐのも特徴です。たとえば、自転車に乗ったり、手押し車や乳母車を押したりするなどの体勢をとると楽になるでしょう。

症状がそれほどひどくなければ、コルセットの利用などによる保存療法で治ります。他にも姿勢が悪い場合は改善し、適度な運動も有効です。

鎮痛薬や貼付薬、塗薬、血管を広げる作用がある血流改善薬も併用し、症状が重ければ神経ブロック(痛みの伝導をブロックするための局所麻酔)の注射をすることもあります。

特に症状が重い場合は手術となることもあります。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP