交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

胸椎破裂骨折・腰椎破裂骨折

椎体の後ろの骨皮質の骨折と骨片が後方に突出した骨折を、胸椎破裂骨折・腰椎破裂骨折といいます。

骨折の程度は、軽いものから脊柱管まで食い込んだものまであります。

レントゲン撮影では、椎弓根間のすきまが拡がり、椎体後面の後ろへの膨隆がみられます。

椎間板損傷の合併が多く、破裂椎体の頭側、尾側、または両側に発生します。

頭側損傷が一番多く、次は両側損傷で、尾側損傷はほとんどありません。

場合によっては、脊髄損傷を伴うこともあります。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP