交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

手根管症候群

手根管は、手首の手のひら側にある骨と靭帯に囲まれたトンネルのような管です。この管の中に正中神経が入っています。この正中神経が何らかの原因により圧迫されると、痛みやしびれが出たり、動かしにくさが出ます。これを手根管症候群といいます。特に中年以降の女性に多い病気です。

手根管症候群の主な原因は手の使い過ぎなので、治療としてはまず手首を安静にします。安静に保つための装具を用いたり、薬物療法や理学療法も行われることがあります。症状がひどい場合は、手術となります。

後遺障害の申請をする前に当事務所までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

上肢の骨折に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP