交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

自賠責保険の支払基準 自賠責保険・共済の特色

自賠責保険・共済は、任意保険と異なる特色があります。

自賠責保険・共済の支払の対象となるのは人身事故のみで、物損事故は対象外です。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

また、迅速かつ公平に処理するため、支払限度額というものが設けられています。

この支払限度額は被害者1人ごとに定められています。

1件の交通事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者の支払限度額が減額されることはありません。

支払の請求は、加害者が被害者へ損害賠償金を支払い、そのあとで保険金を損害保険会社に請求する場合のほか、被害者が加害者の加入している損害保険会社に対して、直接、損害賠償額を請求することも出来ます。

また、被害者は賠償金額が決定するまでの間、当面の治療費等に困ってしまうことがあります。

そのため、当面の費用にあてるため、仮渡金という制度が設けられています。

被害者が、1回に限り請求することが出来ます。仮渡金が、最終的に決定した賠償金額を上回った場合には、差額を保険会社に返還することとなります。

なお、加害者に法律上の侵害賠償責任が発生しない場合や、被害者に重大な過失がある場合には、保険金が支払われなかったり、減額される場合もあります。

自賠責保険の支払基準に戻る

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP