交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

せき柱に運動障害を残すもの

せき柱に運動障害を残すものについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

「せき柱に運動障害を残すものとは、次のいずれかに該当するものをいいます。
① 次のいずれかにより、頚部又は胸腰部の可動域が参考可動域角度の2分の1以下に制限されたもの

A 頚椎又は胸腰部にせき柱圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線、CT画像又はMRI画像により確認できるもの

B 頚椎又は胸腰部にせき椎固定術が行われたもの

C 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

② 頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じたもの」となっています。


 

無料メール相談はこちらからどうぞ 

連絡先:0533-83-6612

部位別等級表 せき柱及びその他の対幹骨に戻る


財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

通勤災害につきましては、一度はお気軽に当事務所までお問い合わせください。

メール相談

 

無料相談

下記の相談フォームからご相談をお待ちしています。

行政書士・社会保険労務士 松井 宝史 宮本麻由美

おなまえ(必須)

性別   男性   女性 

労災関係   業務中   通勤途中   私用中

年齢(必須) 
10代  20代前半  20代後半  30代前半  30代後半  40代  50代  60代以上

住所(必須)
(郵便番号)

電話番号(必須)
(半角数字)

メールアドレス(必須) 携帯メールでもOKです。
(半角英数字) 
メールアドレスを確認のためもう一度(必須)
(半角英数字)

件名

事故内容等(交通事故年月日を必ず入れて下さい。)

ご希望の回答方法   メール  電話

   

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

↑ PAGE TOP