交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

せき柱に中程度の変形を残すもの

せき柱に中程度の変形を残すものについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「せき柱に中程度の変形を残すものとは、エックス線写真、CT画像又はMRI画像により、せき柱圧迫骨折等を確認することができる場合であって、次のいずれかに該当するものをいいます。

① せき椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少し、後彎が生じているもの

② コブ法による側彎度が50度以上であるもの

③ 環椎又は軸椎の変形・固定(環椎と軸椎との固定術が行われた場合を含みます。)により次のいずれかに該当するものをいいます。

このうち、A及びBについては軸椎以下のせき柱を可動させずに、回旋位又は屈曲・伸展位の角度を測定します。

A 60度以上の回旋位となっているもの

B 50度以上の屈曲位または60度以上の伸展位となっているもの

C 側屈位となっており、エックス線、CT画像又はMRI画像により、矯正位の頭蓋底部の両端を結んだ線と軸椎下面との平行線が交わる角度が30度以上の斜位となっていることが確認できるもの 」となっています。

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

部位別等級表 せき柱及びその他の対幹骨に戻る


財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP