交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

下肢の長管骨に変形を残すもの

下肢の長管骨に変形を残すものについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「下肢の長管骨に変形を残すものとは、次のいずれかに該当するものをいいます。これらの変形が同一の長管骨に複数存する場合もこれに含まれます。

① 次のいずれかに該当する場合であって、外部から想見できる程度(15度以上屈曲して不正ゆ合したもの)以上のもの
A・大腿骨に変形を残すもの
B・脛骨に変形を残すもの

なお、ヒ骨のみの変形であってもその程度が著しい場合にはこれに該当します。

② 大腿骨もしくは脛骨の骨端部にゆ合不全を残すもの又はヒ骨の骨幹部等にゆ合不全を残すもの

③ 大腿骨又は脛骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

④ 大腿骨又は脛骨(骨端部を除く)の直径が3分の2以下に減少したもの

⑤ 大腿骨が外旋45度以上又は内旋30度以上回旋変形ゆ合しているもの

A・外旋変形ゆ合にあっては股関節の内旋が0度を超えて可動できないこと。

内旋変形ゆ合ににあっては股関節の外旋が15度を超えて可動できないこと。

B・エックス線写真等により、明らかに大腿骨の回旋変形ゆ合が認められること」となっています。


連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

部位別等級表  下肢及び足指の障害に戻る

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612


財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP