交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

足指の用を廃したもの

足指の用を廃したものについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「足指の用を廃したものとは、第1の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失ったもの又は中足指節関節もしくは近位指節間関節(第1の足指にあっては指節間関節)に著しい運動障害を残すものとされており、具体的には、次の場合がこれに該当します。

① 第1の足指の末節骨の長さの2分の1以上を失ったもの

② 第1の足指以外の足指を中節骨もしくは基節骨を切断したもの又は遠位指節間関節もしくは近位指節間関節において離段したもの

③ 中足指節関節又は近位指節間関節(第1の足指にあっては指節間関節)の可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されるもの」となっています。


連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

部位別等級表  下肢及び足指の障害に戻る

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612


財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP