交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

まぶたに著しい欠損を残すもの

まぶたに著しい欠損を残すものについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「まぶたに著しい欠損を残すものとは、閉瞼時(普通に瞼を閉じた場合)に,角膜を完全に覆い得ない程度のものをいいます。」となっています。

まぶたは眼球を外傷から守り,日の乾燥や寒さから守る働きをしています。それが無くなった状態をまぶたの欠損と言います。


部位別等級表  眼(眼球及びまぶた)の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP