交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

開口障害等を原因として咀嚼に相当時間を要する

開口障害等を原因として咀嚼に相当時間を要するについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「開口障害等を原因として咀嚼に相当時間を要する場合は,第12級を準用します。

①開口障害等を原因としてとは、開口障害、不正咬合、咀嚼関与筋群の脆弱化等を原因として、咀嚼に相当時間を要することが医学的に確認できることをいいます。

② 咀嚼に相当時間を要する場合とは、日常の食事において食物の咀嚼はできるものの、食物によっては咀嚼に相当時間を要することがあることをいいます。

③開口障害等の原因から咀嚼に相当時間を要することが合理的に推測できれば、相当時間を要するに該当するものとして取り扱って差し支えないこととなっています。」となっています。

部位別等級表 口の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP