交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

嗅覚脱失及び嗅覚の減退

嗅覚脱失及び嗅覚の減退について、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「嗅覚脱失及び嗅覚の減退については、T&Tオルファクトメータによる基準嗅覚検査の認知域値の平均嗅覚損失値により、次のように区分します。

5.6以上 嗅覚脱失

2.6以上5.5以下 嗅覚の減退

なお、嗅覚脱失については、アリナミン静脈注射(アリナミンFを除く)による静脈性嗅覚検査による検査所見のみによって確認しても差し支えないこととなっています。」となっています。

部位別等級表 口の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP