交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

高度麻痺

高度麻痺について、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「麻痺が高度とは、障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、障害のある上肢又は下肢の基本動作がほとんどできないものをいいます。

上肢の基本動作は、物を持ち上げて移動させること。

下肢の基本動作は、歩行や立位です。

① 完全強直又はこれに近い状態にあるもの

② 上肢においては、三大関節及び5つの手指のいずれの関節も自動運動によっては可動させることができないもの又はこれに近い状態にあるもの

③ 下肢においては、三大関節のいずれも自動運動によっては可動させることができないもの又はこれに近い状態にあるもの

④ 上肢においては、随意運動の顕著な障害により障害を残した一上肢では物を持ち上げて移動させることができないもの

⑤ 下肢においては、随意運動の顕著な障害により、一下肢の支持性及び随意的な運動性をほとんど失ったもの」となっています。

部位別等級表 神経系統の機能又は精神の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP