交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

非器質性精神障害

非器質性精神障害について、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「非器質性精神障害の後遺障害が存しているというためには、以下の精神症状のうち1つ以上の精神症状を残し、かつ能力に関する判断項目のうち1つ以上の能力について障害が認められることを要します。

ア・精神症状

① 抑うつ状態

② 不安の状態

③ 意欲低下の状態

④ 慢性化した幻覚・妄想化の状態

⑤ 記憶又は知的能力の障害

⑥ その他の障害(衝動性の障害、不定愁訴など)

イ・能力に関する判断項目

① 身辺日常生活

② 仕事・生活に積極性・関心を持つこと

③ 通勤・勤務時間の遵守

④ 普通に作業を持続すること

⑤ 他人との意思伝達

⑥ 対人関係・協調性

⑦ 身辺の安全保持、危機の回避

⑧ 困難・失敗への対応 」となっています。

部位別等級表 神経系統の機能又は精神の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP