交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、脊髄症状のために労務に服することができないもの

生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、脊髄症状のために労務に服することができないものについて、労災保険後遺障害診断書作成手引によれば、

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、脊髄症状のために労務に服することができないものは第3級の3とします。

① 軽度の四肢麻痺が認められるもの

② 中等度の対麻痺が認められるもの」となっています。

部位別等級表 神経系統の機能又は精神の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP