交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果による判定

1・動脈血酸素分圧が50Torr以下のもの

① 呼吸機能の低下により常時介護が必要なものは、第1級の4とします。

② 呼吸機能の低下により随時介護が必要なものは、第2級の2の3とします。

③ 上記①及び②②該当しないものは、第3級の4とします。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

2・動脈血酸素分圧が50Torrを超え60Torr以下のもの

① 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲(37Torr以上43Torr以下)にないもので、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要なものは、第1級の4とします。

② 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が必要なものは、第2級の2の3とします。

③ 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないもので、上記①及び②②該当しないものは、第3級の4とします。

3・動脈血酸素分圧が60Torrを超え70Torr以下のもの

① 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないものは、第7級の5とします。

② 上記①②該当しないものは、第9級の7の3とします。

4・動脈血酸素分圧が70Torrを超えるもの

動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲にないものは、第11級の9とします。

部位別等級表 胸腹部臓器の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP