交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

便秘を残すもの

便秘については、次のとおり認定すること。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

(ア)用手摘便を要すると認められるものは、第9級とします。
(イ)(ア)に該当しないものは、第11級とします。

便秘とは、次のいずれにも該当するものをいいます。

A 排便反射を支配する神経の損傷がMRI・CT等により確認できること

B 排便回数が週2回以下の頻度であって、恒常的に硬便であると認められること

なお、(ア)及び(イ)の障害の評価には、便秘を原因とする頭痛、悪心、嘔吐、腹痛等の症状が含まれます。

部位別等級表 胸腹部臓器の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP