交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

外分泌機能の障害

外分泌機能の障害とは、次のいずれにも該当するものをいいます。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

(ア) 上腹部痛、脂肪便(常食摂取で1日ふん便中脂肪が6gいじょうであるもの)、頻回の下痢等の外分泌機能の低下による症状が認められること

(イ) 次のいずれかに該当すること

a:すい臓を一部切除したこと

b:BT-PABA(PFD)試験で異常低値(70%未満)を示すこと

c:ふん便中期もトリプシン活性で異常低値(24U/g未満)を示すこと

d:アミラーゼ又はエラスターゼの異常低値を認めるもの

部位別等級表 胸腹部臓器の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP