交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

排尿障害を残すもの

(ア)膀胱の機能の障害によるもの

A 残尿が100ml以上であるものは、第9級とします。

B 残尿が50ml以上100ml未満であるものは、だい11級とします。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

(イ)尿道狭窄によるもの

尿道狭窄によるものの障害等級は、次により認定します。

ただし、尿道狭窄のため、腎機能に障害を来たすものは、腎臓の障害の等級により認定します。

A 糸状ブジーを必要とするものは第11級とします。

B シャリエ式尿道フジー第20番(ネラトンカテーテル第11号に相当する。)がかろうじて通り、時々拡張術を行う必要があるものは第14級とします。

部位別等級表 胸腹部臓器の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP