交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

心機能が低下したもの

心筋梗塞、狭心症、心臓外傷等の後遺症状により心機能が低下したものの障害等級は、心機能の低下による運動耐容能の低下の程度により、次のとおり認定します。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

1・心機能の低下による運動耐容能の低下が中等度であるものは、第9級の7の3とします。

おおむね6METs(メッツ)を超える強度の身体活動が制限されるものがこれに該当します。

2・新機能の低下による運動耐容能の低下が軽度であるものは、第11級の9とします。

おおむね8METs(メッツ)を超える強度の身体活動が制限されるものがこれに該当します。

部位別等級表 胸腹部臓器の障害に戻る

財団法人労災保険情報センター発行:労災保険後遺障害診断書作成手引より引用

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

 

宮本麻由美社労士

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP