交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

浣腸器付排便剤

浣腸器付排便剤は、グリセリンを直腸内へ注入することによって腸の蠕動運動を促したり、便を軟らかくすることで排便させる薬です。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

支給対象者:
脊髄損傷者又は排便反射を支配する神経の損傷により、用手摘便を要する状態又は恒常的に1週間に排便が2回以下の高度な便秘を残すことにより、障害(補償)給付の支給決定を受けた方又は受けると見込まれる方で、医師が浣腸器付排便剤の使用の必要があると認める方

支給の範囲:
支給される浣腸器付排便剤は、1人につき、3日に1個の割合です。

支給に当たっては、3日に1個の割合で算出した 60本(6か月分)をまとめて受けることができます。

脊髄損傷で排便障害を負われた方で、労災保険の適用を受けられる方は、愛知労務までお気軽にお問い合わせください。

 

脊髄損傷を負われた方で、労災保険の適用を受けられる方は、愛知労務までお気軽にお問い合わせください。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

宮本麻由美社労士

脊髄損傷に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP