交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷の認定基準

脊髄損傷にかかわる後遺障害には、脊柱の変形や、脊髄損傷に伴う感覚障害や麻痺などがあります。

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

等級の認定にあたっては、障害の度合いや範囲がポイントとなってきます。

  • 馬尾神経

  • 第1級1号「脊髄症状のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、常に他人の介護を要するもの」

  • 第2級2号「脊髄損傷のため、生命維持に必要な身のまわり処理の動作について、随時他人の介護を要するもの」

  • 第3級3号「生命維持に必要な身のまわり処理の動作は可能であるが、脊髄症状のために労務に服することができないもの」

  • 第5級2号「脊髄症状のため、きわめて軽易な労務のほかに服することができないもの」

  • 第7級4号「脊髄症状のため、軽易な労務以外には服することができないもの」

  • 第9級10号「通常の労務に服することはできるが、脊髄損傷のため、就労可能な職種の範囲が相当な程度に制限されるもの」

  • 第12級13号「通常の労務に服することはできるが、脊髄損傷のため、多少の障害を残すもの」


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

宮本麻由美社労士

脊髄損傷に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP