交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷1級事例

脊髄損傷1級事例

損害賠償請求書(明細書)
例:男性(20才)症状固定20才 後遺障害第1級3号 入院286日

1.治療費 4,000,000円

2.入院雑費 370,500円

3.入院付添看護料 1,852,500円

4.入院慰謝料 3,220,000円

5.装具代 36,565円

(小計) 9,479,565円

6.後遺障害逸失利益 102,434,160円

7.後遺障害慰謝料 26,000,000円

8.将来の介護費用 55,746,267円

9.改造費+エレベーター取付費用 5,920,075円

10.車イス費用 622,049円

11.将来の消耗介護用品費用 3,870,697円

12.父母慰謝料 4,000,000円

(小計) 198,592,248円

(合計) 208,072,813円

過失相殺後請求金額 166,458,250円(過失20%)

電話で無料相談

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

 


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

宮本麻由美社労士

脊髄損傷に戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP