交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

脊髄損傷のC6~C8頚髄損傷

脊髄損傷は、損傷を受けた部位により残る障害が異なります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

より頭部に近い部位を損傷した場合に障害が重くなることが一般的です。

頚髄のC6を損傷した場合、手首の背屈(手の甲側へ曲げること)が可能ですが、肘を自力で伸ばすことは出来ません。

頚髄のC7を損傷した場合、手の指を伸ばして広げることが可能です。

頚髄のC8を損傷した場合、手の指を曲げることが可能です。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP