交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

体位変換

回復期から維持期には、ベッドをギャッジベッドという便利なベッドに変えるといいでしょう。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

ギャッジベッドはベッドの上半分を起こしたり、膝に当たる部分を上げたり、高さを調節することが出来ます。

ベッドについている機能を活用し、体位を変換させましょう。

まずは4時間おきに変換します。その後、異常がないかを見極めながら夜間の体位変換を5時間後、6時間語と延ばしていきます。

その際、体位変換用枕やクッションを用いて行うと良いでしょう。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP