交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

飲水のコントロール

脊髄損傷を負った患者さんは、意識をして排尿をコントロールしていかなければなりません。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

そのため、水を飲む量や、飲むタイミングを管理することが大切です。

「カテーテルを使えば良いのでは?」と思われるかもしれませんが、 腎機能の荒れや尿路感染を防ぐためにはカテーテルはなるべく使わない方が望ましいのです。

もちろん排尿の機会を減らすためにのどが渇いても我慢したり、水を飲む量を減らすというのは良くありません。

尿量と飲水量を記録することで自分がどの程度飲んだらどのくらい後に排尿をするのかを把握し、排尿と飲水のバランスを保ちましょう。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP