交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

食事訓練

食事が普通食となり、椅子に座っていることができる状態であれば食事訓練を始めます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

手を口まで持っていくことが出来る患者さんであれば、スプーンやフォークを握ることが可能かどうか見ていきます。

飲み込みの機能が低下している場合には、食事を喉に詰まらせると危険です。

食事中は患者さんから目を離さないようにしましょう。本人がゆっくりと落ち着いて食事を出来るように、時間の余裕を持ち、急かさないようにしましょう。

ご家族での介護等が可能な場合でも、残った身体機能や精神機能の低下防止、リハビリへの意欲維持などのため、できる限り患者さんが自力で食事を摂れるように励まし、促しましょう。

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP