交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

弛緩性、痙性

四肢麻痺や対麻痺となるような脊髄損傷を受傷した直後には、脊髄機能が低い状態(脊髄ショック)になります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

損傷を受けた部位以下の支配領域の全ての反射が失せてしまい、全ての筋が弛緩性麻痺になります。

この脊髄ショック状態からは、受傷後1日から3カ月ほどの間に少しずつ回復し、弛緩性麻痺から痙性麻痺へと移行します。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP