交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

車いす訓練

車いすを使用するにあたって、車いすへ乗り移る訓練、操作する訓練、前輪を持ち上げて段差を超える訓練、転んでしまった場合に備えて床から車いすへ乗る訓練などを行います。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

患者さんの個々の能力に応じた目標を設定します。

平らな場所での車いすの操作は難しくありませんが、車いすへ乗り移る訓練はとても難しく、車いす生活を送る患者さんの自立のために欠かせない訓練です。 

対麻痺の患者さんでは側方移乗が可能ですが、四肢麻痺の患者さんでは前方移乗を行います。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP