交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

歩行訓練

徒手筋力テストを行い、下肢の筋力がMMT3程度の患者さんであれば、早いうちから平行棒や歩行器を使ったり、介助してもらったりして歩行訓練を行っていきましょう。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

訓練を続けると、両杖、片杖、杖なし、階段昇降とレベルアップしていきます。

階段昇降や、立ち上がったり座り込んだりする動作は特に難しい動作となります。

立ったり歩いたりすることで筋力や位置覚を維持することが出来ますから、これらが消失したり低下したりする前に出来るだけ早い段階から歩行訓練を開始することが非常に重要です。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP