交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

自動車の運転

脊髄損傷を負ってしまわれた方も、自動車を利用することで行動範囲がグンと広がり、社会復帰の大きな助けとなります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

ただし、自動車への乗り移り、車いすの積み下ろし、ハンドルやブレーキ、アクセルの適切な操作などが問題となります。

訓練用機械を用いて、画面を見ながら運転技術のシミュレーションをすることができる施設もあります。

また、足を使わず手だけで運転することが出来る車両もあります。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP