交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

スポーツへの参加

脊髄損傷を負ったことで事故に遭う前と生活が一変し、車いす生活を身体的にも精神的にも受け入れるのに時間がかかってしまう方が少なくありません。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

しかし中には、スポーツを通していきいきと過ごしている人もいます。

身体を動かすことの楽しさや、競技そのものの面白さ、同じ障害を持った人同士の交流は、大きな支えとなってくれます。

入院中に体育訓練が行われる場合は、スポーツへも参加しやすくなります。

基礎体力もつき良いことばかりですから、ぜひスポーツへの参加をおすすめあします。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP