交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

異所性骨化

異所性骨化とは、関節周囲の軟部組織に骨を形成してしまう原因不明の病気で、骨化が大きくなると関節がこわばり、関節可動域制限が生じてきます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

リハビリテーションが難しくなるどころか、日常生活にも影響を及ぼします。

脊髄損傷受傷後1ヶ月から半年ほどで発症することがほとんどで、発生部位としては股関節が最もに多くなっています。

その他、膝関節、肘関節、肩関節に発症することもあります。

予防と早期発見、早期治療が何より大切なポイントです。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP