個別面接相談会開催  交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。  メール相談はこちら  
交通事故解決の基礎知識。ただいま無料キャンペーン実施中。 小冊子の申込者については、損害賠償額の算定を無料で実施します。
無料キャンペーン実施中!こちら 交通事故無料メール相談

1.脊髄損傷について

2.脊髄損傷の分類

4.高位診断

5.機能障害

6.麻痺の分類

7.脊髄損傷による後遺障害

8.等級別損害賠償額

9.訓練・看護

10.リハビリテーション

11.合併症

12.住宅改造

13.尿路障害

15.障害年金の給付

16.筋力トレーニング

17.車いす

11.合併症

脊髄損傷の豆知識

外傷後脊髄空洞症

交通事故などで脊髄に外傷を負ってしまった場合、脊髄が委縮し脊髄空洞症を発症することがあります。
脊髄空洞症とは、受傷後数ヶ月や数年経ってから脊髄の中に脳脊髄液という液体がたまり、脊髄の実質内に空洞ができてしまうことにより生じる病気です。空洞ができると脊髄が内側から圧迫され、手がしびれたり、疼痛、筋力低下、筋萎縮といった症状が現れます。
脊髄空洞症の自覚症状としては、初期のうちに、麻痺のない部分に痛みが出たり感覚が鈍くなったりすることが挙げられます。定期的にMRIの検査を受け、早期に発見することが大切です。
特に重篤な脊髄損傷を負った患者さんに発症するケースが多く、進行すると歩行困難となることもあり、早期発見と適切な治療が求められます。

脊髄損傷が骨に及ぼす影響

脊髄損傷によって麻痺が残った場合、麻痺のある部分の骨が委縮し、骨の量が減少してきてしまいます。
骨萎縮の原因は、骨に体重がかからなくなることや、血液の循環が悪くなること、骨の組織に栄養がいかなくなること等が考えられています。
骨委縮が生じると骨がもろくなり、ちょっとしたことで簡単に骨折してしまうようになります。たとえば軽くぶつけただけだったり、寝返りをうっただけだったり、膝を曲げようとしただけで骨折してしまったりします。
 
脊髄損傷の方の解決事例
労災保険(通勤災害)の認定事例
せき髄損傷に係るアフターケア
メール相談はこちらから
賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)無料キャンペーン中



交通事故無料小冊子申し込み
通勤災害はこちらへ

交通事故Web