交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

神経病性脊椎症

神経病性脊椎症が発症すると、関節が変形し、ぐらついたような不安定感を感じるようになります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

膝に発症した場合、水が多量に何度もたまるようになることもあります。

もっとも多く見られる膝関節のほか、股関節、足関節、脊椎にも発症することがあります。

原因としては、脊髄癆、脊髄空洞症、脊髄損傷、糖尿病性多発神経炎、先天性無痛覚症などの疾患に、長期的に繰り返される外傷やストレスが重なり発症するという説が特に支持されています。

変形が進むと治療は大変難しいため、早期に発見して関節の変形が進む前に杖や装具などを用いて関節を保護することが大切なポイントになります。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP