交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

住宅改造を行なうときは

脊髄損傷を負った患者さんが退院し帰宅するとなると、車いす生活にあわせて住居を改造する必要が出てきます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

このとき、本人の身体機能や精神状況を十分に把握し、生活スタイルなど個人に合わせて計画を練ることが非常に大切です。

また、身体の状況は加齢等により変化していくものですから、長い将来を見通してプランを立てることも必要です。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP