交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

神経因性膀胱

大脳、脊髄、末梢神経などの排尿にかかわる神経が障害されたために生じる排尿障害を、神経因性膀胱といいます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

尿が出しにくくなったり、逆に尿がもれやすくなることもあります。自覚症状が無い場合もあります。

神経因性膀胱は認知症や脳卒中などの大脳の障害や、腰椎椎間板ヘルニアなどの末梢神経の障害によっても生じますが、交通事故等で脊髄損傷を負われた患者さんのほとんどが神経因性膀胱になるとも言われています。

まずは原因となる疾患に対する治療を行い、それでも改善しない場合には薬物療法や手術療法を行なうこともあります。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP