交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

尿路合併症

次に挙げるような尿路合併症を生じた場合、排尿訓練の邪魔となるだけでなく、患者さんの日常生活に大きな負担をかけることとなってしまいます。徹底的に予防することが大切です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

尿路・性器感染症

カテーテルの装着などが原因で、細菌やウイルス、真菌などが入り込んで感染症を引き起こすことがあります。発熱、腰背部痛、頻尿、排尿痛、血尿、尿の混濁などの症状が現れます。

尿路結石

腎臓や膀胱に結石が出来ます。激しい痛みや血尿、排尿困難などの症状が現れます。激しい痛みのため、早期治療が望まれます。

痙性萎縮膀胱

慢性期以後もカテーテルを装着し続けている場合、膀胱が縮んでしまい、尿をほんの少ししか溜められなくなってしまいます。こうなってしまってからカテーテルを外して排尿訓練を始めても効果が出ず、発熱を繰り返したりします。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP