交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

障害基礎年金

初診日が国民年金加入中にある病気や怪我で障害が1級あるいは2級の状態になった場合、障害基礎年金が支給されます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方であれば、加入をやめた後の病気や怪我による障害でも受けることができます。

障害認定日

障害認定日は障害がどの程度であるかということを定めるべき日のことです。

具体的には、障害の原因となった病気や怪我の初診日から1年6ヵ月を経過した日か、その期間内に治った日(症状固定日を含みます)とされています。

障害認定日に障害等級表で定める障害の状態になかった人が、その後65歳になるまでの間にその障害が悪化し、傷害等級表で定める障害の状態になった場合は、本人の請求により障害基礎年金が支給されます。

 

障害者になった原因が20歳前の病気や怪我である場合

初診日が国民年金に加入する前(20歳前)である場合、20歳になったとき(障害認定日が20歳以後の時は障害認定日)に障害等級表で定める障害の状態になっていれば、障害基礎年金が支給されることとなります。

このとき受給者本人に一定額以上の所得がある場合、所得に応じて全額または半額の支給停止が行なわれます。


賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP