交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

障害厚生年金・障害手当金

厚生年金保険の被保険者期間中に初診日のある病気や怪我で、障害基礎年金に該当する障害(1級・2級)が生じた場合、障害基礎年金に上乗せする形態で障害厚生年金が支給されることとなります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

このとき、障害基礎年金に該当しない障害であっても、厚生年金保険の障害等級表に該当するのであれば、独自の障害厚生年金(3級)、あるいは障害手当金(一時金)が支給されます。

厚生年金保険に加入している期間にかかった病気や怪我が5年以内に治癒あるいは症状が固定したときで、3級の障害よりほんの少し軽い障害が残った場合は、障害手当金(一時金)が支給されます。

障害厚生年金・障害手当金を受給するためには、障害基礎年金の保険料納付用件をに当てはまっているかどうかが条件となります。

障害の程度

1級・2級の場合は障害基礎年金と同じ障害等級が使用されます。3級と障害手当金については、厚生年金保険独自の障害等級が定められており、それを使用します。

障害認定日に障害等級表で定める障害の程度でなかった方でも、その後65歳を迎えるまでの期間に障害の状態が悪くなり、傷害等級表で定める3級以上の障害に該当することとなった場合は、本人が請求することで障害厚生年金が支給されます。

 

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP