交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

関節可動域訓練

関節を無理なく動かせる範囲のことを関節可動域といいます。

脊髄損傷を負い日常生活の動作が制限された状態が長く続くと、関節可動域が制限され、関節を満足に動かすことができなくなってしまいます。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

病院入院中に理学療法士や作業療法士の助けを得て関節可動域訓練を行い、可能な限り制限を少なくするように努めることが大切です。

訓練法のプランは、その人の状態や生活スタイルに合わせて練ります。

退院後も、日々の生活の中で出来る限り関節を動かすようにしましょう。

ただし、関節に過剰な力をかけ過ぎて、骨折や筋肉の断裂・損傷、脱臼などを引き起こすことのないよう注意が必要です。

 

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP