交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

筋力トレーニング

脊髄が損傷されると、損傷部位以下の筋力は弱くなります。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

また、そのほかの部位の筋肉も、入院中に安静状態を続けることで筋力がどんどん弱まります。

その人の出来る限りの範囲で自立した生活を送るため、筋力トレーニングは欠かせません。

不全麻痺の方の場合、損傷部位以下の筋肉も、少しでも動かすことが出来ればトレーニングをして筋力アップを図りましょう。

筋力トレーニングを行なうことで筋肉(筋線維)が太くなると、全体的な筋力がアップします。

個人差はありますが、一般的にトレーニングを開始してから1~3ヶ月で効果が表れてきます。

ですから、トレーニングは何よりも継続することが大切です。諦めず根気強く取り組みましょう。

せっかく筋力がついてきても、トレーニングをやめると元に戻ってしまいます。

また、具体的なトレーニング内容は、理学療法士などと相談し、その人の状態や目的に合ったプランを立てることが大切です。

 

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP