交通事故相談Web_葵行政書士事務所・社会保険労務士法人愛知労務

食事や休息の注意点

筋力アップのためには、食事からのエネルギー摂取も大切です。

連絡先:0533-83-6612

電話で無料相談

十分な量の食事を摂っていても、栄養バランスが悪いとせっかくトレーニングをしても筋肉がつきにくいだけでなく、体調を崩しやすくなってしまいます。

健康な体を維持し、効率良くトレーニングを進めるためにも、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

筋力トレーニングを行なうと、使った部分の筋肉が筋肉痛を起こします。

この部分の修復に必要な成長ホルモンの構成成分はほぼたんぱく質なので、たんぱく質を十分に摂取しましょう。

筋力トレーニング中は、1日に体重1.0Kgあたり1.0~1.5gのタンパク質を摂取しましょう。

例えば、体重45kgの人であれば45.0~67.5gのタンパク質です。

また、筋力トレーニングの後は十分な休息をとりましょう。

筋肉は、筋力トレーニング、栄養摂取、休息の3つのうち、どれか1つでも欠けていては上手に鍛えることができません。

筋力トレーニングをしない日は、休息をとると共に、適度に体を動かすように心がけましょう。

ストレッチ程度に体を動かすことで、次回の筋力トレーニングをより効果的に行なう体作りに役立ちます。

脊髄損傷の方の解決事例

賠償額を確実にアップする方法(無料小冊子)

無料小冊子

無料メール相談はこちらからどうぞ 

無料メール相談

連絡先:0533-83-6612

行政書士・社会保険労務士 宮本麻由美

社会保険労務士宮本麻由美

 

宮本麻由美社労士

脊髄損傷についてに戻る

フランケル分類

中心性脊髄損傷(非骨傷性頚髄損傷)

愛知労務・葵行政書士事務所

通勤災害早わかりシート

通勤災害早わかりシート

労働基準監督署同行

労働基準監督署同行

行政書士・社会保険労務士松井宝史

社会保険労務士松井宝史

↑ PAGE TOP